カワイピアノ

チャーチオルガンスタッフブログ

チャーチオルガンスタッフブログ

Johannus One ユーザーの声

ヨハネスのウェブサイトに掲載されている、イギリスのヨハネス・ワン購入者の声を翻訳転載いたします。


もう長い冬の週半ばに寒い礼拝堂のピアノで練習の準備をすることはありません。私は娘の昔の寝室をオルガンスタジオにしてヨハネス・ワンを購入しました。

私は、最新のデジタルオルガンの前身にあたるアナログ音源のヨハネス・オーパス220を良く弾いていました。そして、最新のデジタルキーボードがどんなものであるか、ウェブサイトの動画を視聴した以外は知らなかったのです。しかし心配には及びませんでした。ヨハネス・ワンは(比較的)小さな本体に搭載した本物の壮大なオルガンサウンドをしっかり鳴らすことができます。更に、「クワイア」ボタンは思いがけず嬉しいもので、初めて聴いたときはドビュッシーの「シレーヌ」を思い起こさせてくれました。

例えば、ドイツのオルガン様式を選択してフルレジストレーション(トランペットとポザオネはオフ)に、リバーブは最大、ハイファイヘッドホン(必須)をつないで、音量をちょうどいい大きさに調整、エクスプレッションペダル(必須)でオルガンとクワイアのバランスをとって、ステイナーの素晴らしい讃美歌「主を十字架に」を演奏すると、まるで大聖堂で聴いているかのようです。対極にあるカルク=エーレルトの作品65の静かな曲をフランス様式かイギリス様式の柔らかい音色で演奏すると、優美な雰囲気を醸し出します。ヨハネス・ワンは、きらめくバッハのメヌエットやガボットにも、ベートーベンのロマンスの弦楽編曲にも適しています。MIDI足鍵盤を接続すれば、主なオルガン作品を演奏することも十分に可能でしょう。

シロホンのような音色のファンキーなオルガンも好きです。サスティンペダル(これも必須)を使って、気分転換に「いそしぎ」や似たようなポピュラーミュージックを演奏することもあります。

ヨハネス・ワンの機能を最大限活用して好みの音を引き出すには、ある程度の知識が必要です。しかし、この素晴らしい楽器は追加の音色をダウンロードすることも可能で、ホームオルガニストにとっては理想の楽器でしょう。

ジョン・ヘイマン



チャーチオルガンの価格を改定いたします

4月1日より一部のモデルを除いてチャーチオルガンの価格を改定いたします。ご購入を検討されている方は、お早めにお近くの販売店にご相談ください。

価格改定の詳細はこちら


チャーチオルガンあるある

明けましておめでとうございます。

新年最初の記事はちょっと軽い内容で、チャーチオルガンに初めて触れた人の「あるある」を集めてみました。

・チャーチオルガンを見た時の第一声は「すごーい!」
・楽譜の一段目をスウェル(上)鍵盤、二段目をグレート(下)鍵盤で弾こうとする。
・とりあえず全てのストップをオンにしてみる。
・まず弾いてみるのはトッカータとフーガの最初の部分。
・値段を聞いた時の反応は「車が買えるよ。」
・ポピュラーオルガン奏者の感想は「やっぱり違うわ。」
・ポピュラーオルガン奏者は右足をエクスプレッションペダルの上に置いておかないと落ち着かない。

どうですか?くすっと笑っていただければ幸いです。今年も皆様にとって良い年でありますように、心よりお祈り申し上げます。


オルガンの強弱表現

パイプオルガンは一定の風圧がかかっています。このため、パイプから出る音の音量を変化させることが出来ません。しかし、スウェル鍵盤(2段鍵盤の場合、通常上鍵盤になる)に属するパイプ群は、全て箱の中に収められています。この箱の前面に設けられた格子状の扉を、足元のペダルを操作して開閉させ、音量を変化させることが出来ます。この音量変化は単純で直線的なものではなく、カーブを描くような独特の音量・音質の変化も感じ取れます。



このパイプオルガン独特の機能はチャーチオルガンでも採用されています。これを操作する足元ペダルはエクスプレッションペダルと呼ばれ、パイプオルガンの重要な一機能となっています。更にチャーチオルガンでは、エクスプレッションペダルの効果がオルガン全体に及ぶように機能を切り替えることができます。パイプオルガンではあり得ないことですが、ポピュラーオルガンに慣れ親しんだ人にはこの方がしっくりくる場合があります。

このスウェル鍵盤の扉を開閉操作する機能は別として、通常パイプオルガン全体で強弱を表現したいときは、使用するストップ数の増減で対応します。この増減をあらかじめ決められた順番(オルガンにもよりますが約20段階)で徐々に変化させることの出来るペダルをクレッシェンドペダルと呼び、通常、エクスプレッションペダルの右隣に配置されており、チャーチオルガンで足元ペダルが2個以上付いているモデルは、これに相当します。




楽譜と違う?

CDでオルガン曲を聴くと、楽譜とは違う調で演奏されていることがあります。これは古くからあるオルガンを使って録音されたときに起こるもので、現在の標準ピッチであるA=440Hzに統一される前は、時代や地域によってバラバラなピッチが使われていたため、オルガンも現在の標準ピッチとは違う調律になっているものがあるのです。

このような古い時代の調律を、現在では便宜上下記のように分類することがあります。

バロックピッチ(現在より半音低い)
ヴェルサイユピッチ(現在より全音低い)
ヴェネチアンピッチ(現在より全音高い)


チャーチオルガンでは、これらのピッチをトランスポーズ機能を使って簡単に再現することができます。例えばバロックピッチはトランスポーズを-1に設定すればよいのです。

但し、バロック時代は全て今より半音低かったということではありません。バッハが演奏していたオルガンは現在の標準ピッチよりも高かったとも言われています。

たまにはいつもと違うピッチで演奏してみるのも面白そうですね。


オルガンブログ始めました!

カワイで扱っているヨハネスオルガン(オランダ)ロジャースオルガン(アメリカ)を始めとして、オルガンに関する様々な話題を提供していきます。

ご期待ください!


スタッフブログトップ

このページ の上へ