カワイピアノ

チャーチオルガンスタッフブログ

チャーチオルガンスタッフブログ

楽譜と違う?

CDでオルガン曲を聴くと、楽譜とは違う調で演奏されていることがあります。これは古くからあるオルガンを使って録音されたときに起こるもので、現在の標準ピッチであるA=440Hzに統一される前は、時代や地域によってバラバラなピッチが使われていたため、オルガンも現在の標準ピッチとは違う調律になっているものがあるのです。

このような古い時代の調律を、現在では便宜上下記のように分類することがあります。

バロックピッチ(現在より半音低い)
ヴェルサイユピッチ(現在より全音低い)
ヴェネチアンピッチ(現在より全音高い)


チャーチオルガンでは、これらのピッチをトランスポーズ機能を使って簡単に再現することができます。例えばバロックピッチはトランスポーズを-1に設定すればよいのです。

但し、バロック時代は全て今より半音低かったということではありません。バッハが演奏していたオルガンは現在の標準ピッチよりも高かったとも言われています。

たまにはいつもと違うピッチで演奏してみるのも面白そうですね。

続きを読 む

Johannus One は魅力満載のキーボード

パイプオルガンに興味があるけど、所詮、高嶺の花。足鍵盤なんて到底無理だし、そもそもオルガンを置くスペースもない。そう思っている方はいらっしゃいませんか?
気軽に本格的なオルガン体験が出来るJohannus Oneは、皆様を新しい世界へ誘います。

バッハをはじめとしてバロック時代の楽曲には手鍵盤だけで弾けるオルガン曲がたくさんあります。また手鍵盤だけで弾けるように編曲された楽譜も各種出版されています。
また、バッハのインベンションや平均律をオルガンの音色で弾くと、新しい魅力を発見できます。

ダンパーペダルで音が伸ばせるピアノとは奏法もタッチ感も異なりますが、オルガンの世界を手っ取り早く体験するには、手鍵盤だけで弾ける曲は格好の入り口です。

そんなときに最適なのが、Johannus Oneポータブルオルガンです。


Johannus Oneの特徴

*76鍵で14kgのコンパクトなボディに本格的なオルガンサウンドを満載!
  オルガンの音が少ししか入っていないキーボードとは似ても似つかぬ代物です。
*操作はストップと呼ばれる音色を選択するタブレットの組み合わせで音作りをしていきます。
 Johannus Oneは正にオルガンの考え方に基づいて設計されています。
*音色ストップは全部で16個、オルガン様式は5種類用意されていますので、全部で80種類
 ものオルガン音色を内蔵しています。
*音色の組み合わせは、鍵盤下のメモリーボタンに記憶させることもできます。
*押さえている鍵盤の最低音を足鍵盤の音色で鳴らし、手だけで充実した低音感を再現可能。
*オルガン音色以外にもピアノやチェンバロを含むオーケストラ音色を34種類内蔵。
*レコーダー機能やBluetoothも装備。外部機器との接続も充実しています。

詳しい製品情報はこちらから。


続きを読 む

オルガンブログ始めました!

カワイで扱っているヨハネスオルガン(オランダ)ロジャースオルガン(アメリカ)を始めとして、オルガンに関する様々な話題を提供していきます。

ご期待ください!

続きを読 む

前のページ

次のページ

このページの上へ