カワイピアノ

チャーチオルガンスタッフブログ

チャーチオルガンスタッフブログ

志村拓生先生インタビュー④

―日本の教会での賛美歌伴奏の現状は?

私が継続している仕事で、賛美歌の伴奏譜出版があります。教会では、礼拝における会衆の賛美、それを支える賛美歌伴奏はとても大事です。先ほど話したオランダでは、ある時期から会衆が歌う賛美歌の伴奏にオルガンを使うようになってきて、賛美歌伴奏用の楽譜がたくさん出版されているのです。

私がアムステルダムに行ったとき、コンセルトヘボウの隣の楽譜屋さんで10キロも賛美歌伴奏の楽譜を買い込み、空港で超過荷物・・・、この時は係員が、楽譜を機内持ち込みのカバンに入れるように勧めてくれ、助かりましたけれども(笑)。そんなわけで、オランダでは賛美歌用の伴奏譜がおびただしい数、出版されているのです。これはとても興味深いことで、主体となっているのがジュネーブ詩篇歌なのです。

《ここで先生が出版された"讃美歌21による賛美歌伴奏曲集"を見せていただきながら》


これは一つの賛美歌に対して、前奏と各種の伴奏を付けるというもので全10巻を出版する予定で現在7巻まで出版されています。やはりオランダの賛美歌伴奏の仕方に刺激を受けましたね。日本では賛美歌を譜面通り弾かなければいけないという妙な迷信があります。でも、もっと礼拝を豊かにするために伴奏の仕方を考えても良いと思うのです。このことは楽器から刺激を受けることもあるわけで、楽器の特性や音色から、また、賛美歌のスタイルに合わせた伴奏譜を作りたいという意欲が涌いてきました。実は賛美歌を譜面通り弾くのは難しいが、著作権の関係で譜面を変更することは出来ないという事情もあり、このことでオルガニストの負担が大きくなっている場合もあります。そこで、著作権を獲得して、もっと易しくした伴奏譜で日本のオルガニストが楽に伴奏出来ることを考えたわけです。

―オルガンを習うことについて、考えをお聞かせ下さい。

さて、ここで大事になってくるのは、正しいオルガン教育。そもそも、オルガンを自分だけで勉強するのは難しいことですから。オルガンは長い歴史もあり、自分だけで習得出来るほど簡単ではない。そのために、オルガンを勉強する良い場所、教えてもらえる先生、これからはそこが重要になってくると思います。カワイはオルガンを販売するだけでなく、教える場所を提供することも必要になってくるでしょう。

―痛いところを突かれました!実は、今まさにその重要性を感じており、カワイとして動き始めなければならないと思います。

少人数でもよいから、どのようにオルガンを使うのか教える施設が絶対に必要で、楽器を販売することと合わせて、教育する施設を提供することを是非ともお願いしたいと思います。ヨハネスはそれだけの中身を持ったオルガンで、しかも、一人で習得出来るほど簡単な楽器ではないと思います。

(続く)


続きを読 む

志村拓生先生インタビュー③



―オルガンという言葉の本当の意味についてお聞かせください。

Organという言葉は、はじめ「道具」という意味をもち、次の段階として「楽器全般」を指すようになりました。そして、特定の楽器としての「オルガン」の意味をもつようになった。そこで私が思うに、パイプオルガンだから、特別の価値があるのではない、パイプオルガンは「道具」にすぎない。日本ではパイプオルガンだから価値があると思われているが、そうではなく、人間が関わって演奏されることで、そのものの価値が生まれてくる。ですから、パイプオルガンでなければならないという考えは間違っている気がする。だから、電子オルガンでも、それが有効に弾かれれば大いに価値があるといえます。

オルガンは大きく、「教会で使われるもの、公のホールなどで用いられるもの」と「個人の所有、練習のためのオルガン」と2つに分けられる。バッハの時代、オルガニストはオルガンを練習するためには、教会に行かなければならなかった。当時は、モーターを入れれば音が鳴るわけではなく、鞴(ふいご)を踏む人にお金を払わなければならず、教会で練習することも、ままならなかった。それで、練習するときは、自宅で、ペダル(足鍵盤)付きチェンバロとか、ペダル付きクラヴィコードを備え付けて、オルガンの練習をしたのです。

教会にパイプオルガンが設置されていても、自宅で練習するときは、ペダル付き電子オルガンを用います。ここに、電子オルガンを所有する意味があります。電子オルガンは小型だけど、いろいろなスタイルで弾くことが出来ます。

―今回新たにStudio 350をご購入されましたが、如何ですか?

私は自宅で演奏会の練習や、教会での奏楽のため、また、生徒を教えるために有効に使わせてもらっていますが、前の楽器がカワイということもあり、今回、ヨハネスの3段鍵盤を選びました(スタジオ350)。私はオルガンを選ぶ際、3段鍵盤の楽器が必要だと思っています。

フランスのバロックや近代の音楽を弾こうとする時、2段鍵盤では弾けない。そして3段鍵盤の各々は、独自の要素を持っていなければいけないと思います。主鍵盤の働き、ポジティフとしての性格、将来スウェルに発展するレシとしての性格を持っていることが大きな意味があると思います。そういうわけで、私としてはヨハネスの3段鍵盤を使っています。

(続く)

続きを読 む

志村拓生先生インタビュー②



―先生の生い立ちとオルガンとの出会いは?

岐阜県の山中、鉄道もない上岡という町で、牧師の家庭に生まれ、子供の頃からリードオルガンが身近にありました。昭和23年の小学生の頃、父親の転勤で、八王子に移り、教会にはリードオルガンがありましたが、パイプオルガンを勉強したくて、奥田耕天先生に習いに行きました。昭和30年代、当時ペダル(足鍵盤)付きのパイプオルガンは東京に5台くらいしかなかった。それで、ペダルの練習をどうしたかというと、父が米軍の牧師と関係があり、そこにハモンドオルガンがあって練習させてもらい、ペダルに慣れる基礎の訓練となりました。そして米軍施設の神奈川の通信隊の教会オルガニストを10年務め、武蔵野音大に入学したわけです。

音大に入った当時、先輩は2人だけ。そして音大に入った翌年、ベートーベン・ホールにドイツのクライス社のオルガン(4段鍵盤、55ストップ)が設置され、とてもタイミングが良かったと思いました。練習室にはヴァルカー社の11ストップのオルガンがありました。それから、講師を経て、ドイツ・デットモルトの音楽大学教会音楽科に留学しました。最初の1年分くらいのお金しかない当時、4年にわたり教会当局からの支援がありました。1972年に日本に帰ってきて、武蔵野音大で教えるようになり、しばらくして、あなた達が生徒として入ってきたわけですね・・・

―ヨハネスオルガンをどのように評価されていますか?

日本の教会は貧しい、また、教会員の老齢化もあり、一般の教会でパイプオルガンを買うという、経済的ゆとりはない。これからの時代の教会と楽器、礼拝に使う楽器を考えるときに、必ずしも、パイプオルガンでなければならないという事はなくなると思います。ピアノが設置されるところもあるだろうし、ゴスペルを歌う教会では、それに合う楽器が選ばれるだろうし、これからは、教会には、良い音響の良い電子オルガンが入ってくることになるのではないかと思います。先ほど話したように、オランダのヨハネスオルガンは教会の賛美歌の伴奏に結びついているわけで、教会に導入されることは望ましいと考えます。

もう一つ、この頃の傾向として、教会とは関係なく、オルガン愛好家が増えていて、オルガンが必ずしも教会の楽器ではなくなってきています。古楽も盛んになってきて、昔の音楽を楽しむようになってきました。その中でオルガン音楽の分野は大きいし、バッハはおびただしい数の質の高い曲を書いている。そこで、オルガンを楽しみたい人が家庭で弾けるようになるために、少し贅沢に言うならば、小さなオルガンではなくて、いろいろなスタイルの曲が弾けて、特色を持った3段鍵盤のオルガンが設置されると、私としては嬉しいですね。また、オルガンを演奏する人が増えることも。

―最近、自宅用にオルガンを買われる方が増えて、納品に立ち会うと、そこでレジストレーションのやり方を聞かれ、ついでに「何種類かメモリーに入れておいていただけます?」、なんてことに(笑)。そこで、”オルガンを始めたきっかけは?”と聞くと、”コンサートホールで聴いて、弾きたくなった”という人がとても多い。つまり教会とは関係ない人たちがオルガンに興味を持ってきている。大学の社会人枠のオルガンコースもあり、こういった方々が逆に「教会に行ってみようかしら」、なんてこともあります・・・

そう、昔は「オルガンがあるから教会に行ってみようか」だったのに(笑)。

(続く)

続きを読 む

志村拓生先生インタビュー①

日本におけるキリスト教音楽界の重鎮でいらっしゃる志村拓生先生は、以前からヨハネスオルガンを愛用されていらっしゃいます。本日は、河合楽器製作所・東京オフィスで古典楽器を担当している西岡誠一(オルガンビルダー、オルガニスト)がお話を伺います。インタビューでは、たくさんの貴重なお話を頂きました。このブログで6回に分けてお届けします。



―本日は、私の恩師である志村先生にインタビュー出来ることになり、大変嬉しく、そして光栄に思っております。オルガンのこと、出版された楽譜のこと等々、いろいろとお聞かせください。どうぞよろしくお願いいたします。先ずは、先生とカワイオルガンの出会いから。

日本が経済成長であった70年代後半から80年代までの間、日本中がお金持ちになり、市や町が自分のところにホールを作り、オルガンを入れ始めました。この時、おびただしい数のオルガンが、教会だけではなく、演奏会場にも設置され、同時に、多くのオルガニストが育った時代でもあります。

その時に、私もお世話になったのですが、手ごろな価格でペダル(足鍵盤)付きのオルガンが手に入るようになった。当時、カワイが自社製のペダル付きオルガンを作り、オルガンを志す人が、それで練習することにより、オルガニストとしての技術が圧倒的に進み、音楽学校でもオルガンを学ぶ学生が増えた時代になったわけです。

この時、カワイのオルガンは非常に有効に働いたわけで、見かけではなく、ストップは少なくとも、一通り何でも弾けるオルガンとして出来ており、この事が、今のカワイのオルガンに対する前哨戦になった気がします。その後、他の楽器会社も含め、自分たちで作るよりも、特色のあるオルガンを輸入するほうが良いという考えになったと類推します。各社それぞれ違ったオルガンを選び、カワイはオランダのヨハネスになり、各社競合になったことは面白い傾向だったと思います。

―ヨハネスがあるオランダのオルガン事情についてお聞かせください

オランダはある意味でオルガンの国です。17世紀のスウェーリンクから始まり、その許にオルガンを学ぶために、オルガニストが集まる。そこで、スウェーリンクは「オルガン造りではなく、オルガニスト造り」と呼ばれました。当時、アムステルダムでは貿易が栄え、先ほど話した日本の場合と似て、経済成長の象徴として、立派なオルガンを、教会に設置しました。

ところが面白いことに、オランダは、宗教的に、スイスの改革派の伝統が入り、その改革派はカルヴァンの伝統によって、礼拝で賛美歌を、楽器を使って歌ってはいけないという規則があった。だから、スウェーリンクは礼拝の前にオルガンを演奏し、礼拝が始まるとオルガンの蓋を閉め、礼拝が終わると蓋を開けて、また演奏を始める(笑)。つまり、礼拝中、オルガンは弾かれず、礼拝前後で弾く。そのために、オルガン曲がたくさん作られるようになった。このあたりから、まさに、オルガン演奏会という形が始まったわけですね。

(続く)

続きを読 む

ボイスパレット

パイプオルガンは作られた時代や地域によって音色の傾向が異なっています。従って、例えばバッハの時代に作られたオルガンで現代の曲を演奏したり、またその逆をやろうとしたりすると、本来意図された音楽を十分に表現できないことがあります。パイプオルガンの製作では、どのような音色を用意するかがとても重要な課題になります。

一方で、通常チャーチオルガンには複数のオルガ様式が内蔵されているので、これを切り替えることで様々な時代や地域のオルガンを再現することが出来ます。普通は全ての音色のストップが一斉に切り替わるのですが、ロジャースオルガンだけの特徴としてストップ毎にどの様式の音色を鳴らすかを設定することが出来ます。これをボイスパレット機能と言います。

普通は…


ロジャースオルガンは、例えばこんな具合に…


より自由な音色設定ができるのはロジャースオルガンだけです!



続きを読 む

前のページ

次のページ

このページの上へ